イタチ駆除お役立ち情報

方法と必要不可欠な道具

方法と必要不可欠な道具 イタチ駆除方法の1つはニオイで、嗅覚が発達していることを逆手に取って追い出すことができます。必要な道具は木酢液とクレゾール石鹸やお酢、あるいは漂白剤も使えることが知られています。効果でいえばやはり、木酢酢かクレゾール石鹸を用意して使うのが、イタチ駆除においてベストとなります。
もう1つのイタチ駆除方法は光と音で、これも夜行性で強い光を嫌う習性を利用するものです。超音波も同様に、イタチを含めた動物が苦手としているので、この2つを出す道具を準備すると効果的です。用意するのは光と超音波で撃退する、ネズミや野良猫向けの市販商品です。割と手頃な価格で販売されているので、複数台購入して追い出したい場所に設置するとイタチ駆除に役立ちます。光は乱反射するように工夫すると更に効果的ですから、使わないCDを木に吊るしたり、反射するテープで光を拡散するのも良いです。また、密閉した空間で使う殺虫剤も思いの外有効なので、これを試してみるのも1つの手ではないでしょうか。

効果的な方法と必要となる装備

効果的な方法と必要となる装備 イタチというと山に住んでいるような、自分たちの生活には関係のない領域に住んでいる動物なのだとイメージしがちですが、実際はネズミのようにいつの間にか民家の中に潜り込み、様々な被害をもたらします。もしイタチがいることがわかったら、自分の力だけで片付けようとするのではなく、イタチ駆除専門の業者に依頼することが必要です。
効果的なイタチ駆除の方法とは、まずは外からどのような経路で侵入してきたのか調べ、室内のどこに入り込んだのか確認してから、薬剤をセットして駆除を実施します。
使用する装備は、駆除するための薬剤と、イタチに荒らされた場所を元に戻すための清掃用品です。捕獲機を用いておびきよせたところを捕まえる、というやり方もあります。
大切なのは、駆除を終えた場所に再びイタチがやってこないようにすることです。ほんのわずかな隙間でもイタチは通り抜けてしまうので、侵入経路になりうるところがないかを徹底的に確認します。

新着情報

◎2020/2/27

法律を考慮しないといけない
の情報を更新しました。

◎2019/12/23

寄せ付けない方法
の情報を更新しました。

◎2019/10/29

おすすめの道具とは
の情報を更新しました。

◎2019/7/23

方法と必要不可欠な道具
の情報を更新しました。

◎2019/5/24

イタチ駆除の方法と対策
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「イタチ 被害」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@piano_yoshiko そうなんですね、生態はよくわかりませんが、ここずっと亀、野良猫、カラスの被害が続きます。以前はイタチやヌートリアなどもいました😅

Twitter番紅花舎(さふらんしゃ)@saffronsha

返信 リツイート 20分前

東京五輪のサイバーセキュリティ。平昌ではマルウェア被害、対策は? - Number Web number.bunshun.jp/articles/-/843…”サイバーセキュリティというのは、つねにイタチごっこなんです。だから、ある程度のダメージは覚悟しておく必要がある…東京2020はシステムのクラウド化が本格的に導入される初の夏季大会に”

Twitterねこさん⚡🔜Ͷow or Ͷever🔙(ΦωΦ)@catnap707

返信 リツイート1 9:40

返信先:@YuzukiMuroi そうじゃないとイタチごっこになり第二の被害者が発生する可能性も高く御社の作業効率が落ち人件費が余計にかかる危険性があります

再訪精霊さんは基本的に帰りたがらず残りまくるため雀ちゃんが困惑し被害にあっている事実。早く帰れ。 空の世界ではイタチ面が流行している中、大根おろしと呼んでるこの仮面をつけまくってます。二枚目の写真の格好は全て好きなアイテムでできている。 #sky星を紡ぐ子どもたち pic.twitter.com/FV18nAI8dB

結局、なんとかKenがMちゃんの事案を考察()するのは色んな方の尽力のおかげで止めることが出来た(まだ安心は出来ないけど)。でも、今度は誹謗中傷を浴びせる矛先が別の未解決事件の被害者や被害者家族に変わっただけのイタチごっこ。 運営さえしっかりしてくれれば……と思いつつ歯噛みする日々。

返信先:@sHJDdTzn9MZn7EW やむをえず殺すときは安楽死させろ、とある。 農家に被害を与えるアライグマ、猫、イタチ、イノシシを殺して逮捕された農家は無い。当たり前。 猫や飼い主にはなんの権利もない

Twitter猫より人 公衆衛生向上協会@goyadego

返信 リツイート 5/30(土) 19:58

返信先:@Kuwadanouen 鹿問題、切実ですね😭 我が家は、りんごの木がねずみに根こそぎかじられ20本ダメになりました😅 若木だけでなく、5,6年経過して収穫量がこれから増えるって時だったので、これまでの年月も含めてショックです。 いたちごっこで、被害をゼロに出来ないところが辛いですね😢

Twitterしまりんご@信州安曇野フレンドファーム🍎@shinshuazuminof

返信 リツイート 5/30(土) 14:46

返信先:@arisaANCHEIN 一人が嫌いだから等の短絡的な理由等で誹謗中傷するから、それに悪ノリで便乗して誹謗中傷する人等がSNSには多く潜んで居る感じがします。 いじめもそうですが、被害者がどのではなくて、加害者にはそれ形の罰則をしない限り、いたちごっこに過ぎないと思うんですよね?

日本が外出自粛に入る前から外国で既にこういう、閉じられた/介護が必要とされるところで集団感染は起きていた 防護に充分な諸々と、全員へのPCR検査が必要不可欠って明白だったはず! 数にこだわり、金を惜しんでちゃんとした手立てを講じないから、いたちごっこのまま、被害者だけが増え続ける

RT @kaho_ferrets: 加害者なのに、 被害者のように転げ回るイタチ#フェレット #ferret s 🐭 pic.twitter.com/b2AgynyPny